スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケロイドとアレルギーのお話

今回は、ケロイドの話です。
そもそもケロイドは何か?の議論ですが、盛り上がって広がった創跡のきたないもの、と考えてください。
もうちょっと詳しく創跡を3つに分類すると、

  1:瘢痕(はんこん)=いわゆる、きずあと、のこと。一般的には”瘢痕”といえば、落ち着いたわりときれいな傷跡のこと。
  2:肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)=盛り上がった傷跡。ただし、盛り上がりの範囲が、もともとの創の範囲内で盛り上がる。
  3:ケロイド=盛り上がった創だが、もともとの創の範囲を越えて、増殖していくような状態の傷跡。

というのが、簡単な分類です。形成外科以外の医者でも2と3、すなわち、肥厚性瘢痕とケロイドを区別することが容易ではないですし、知識も無いのが現状です。なので、一般の外科や内科の外来などで、
”それは、ケロイドですね、”とか勝手に診断されている患者さんをよく見かけます。また、形成外科のことを勉強していない、美容外科医も同じ間違いを多々してます。情けない。

ーーーーーーーーー

さて、本題ですが、アイルランドからの症例報告です。

●24歳女性、スキンタイプはⅠ(スキンタイプも、そのうち解説します。簡単にいえば、白人の白い肌です)、9歳頃から背中のブラジャーの金具に当たるところにケロイドを認めていた。液体窒素、シリコンシートやジェル、ステロイド注射などしたが改善しない。この患者は、小児期に喘息、花粉症を認めた、とのこと。

20070809032620.gif


考察:肥厚性瘢痕の患者に比べ、ケロイドの患者は、アレルギーの病気を持っている人が多い。血中のIgE(=アレルギーなどにかかわる免疫の指標の一種)が高い人もケロイドになりやすい。一般的には、ケロイドは、肌の色が濃い目の人に発達しやすく、外傷、外科手術瘢痕など以外から発生することはほぼ無い。

今回は、形成外科の基本、創に関する内容でした。
PRS vol119 762 Multiple Nonsydromic Spontaneous Keloids in Allergic Diseaseより。

よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ


テーマ:◆美容整形 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/08/09(木) 03:34:10|
  2. ケロイド



<<鼻の軟骨の曲げ方 | ホーム | フェイスリフト時のもみ上げ部分の考察>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。