スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

顔の老化に関して

今回は、ちょっと古めの論文(1998年もの)ですが、調査した内容は、今でも十分に通用しますので、紹介します。著者は、美容外科の世界では超有名な、ブラジルのIvo Pitanguy先生です。今は、だいぶお年をめしてます。http://www.afpbb.com/article/938287

彼は、下図のごとく、顔面にいろいろ点をつけて、その距離が老化によってどう変化するか、を、40人の白人女性で、25-60歳で調査した。
ivopitanguy.gif


結果は、年齢とともに下記のごとく変化する。

   1:JまたはGと、目じりの点(名前無し)の距離が狭まる→まぶたが垂れる、ということ。
   2:逆に、目じりの点とTまたは、Zの距離は伸びる→頬が垂れるということ。   
   3:A-U、B-Yが伸びる→頬が垂れるということ。
   4:口角とVまたは、Xの距離が伸びる→口の横がたるむ、ということ。
   5:ほうれい線(鼻唇溝)M-Nまたは、Q-Rが伸びる→ほうれい線が強く出てくる。
   6:A-Kまたは、B-Lが伸びる→目の下のたるみが強く出て目の下がふくれる。
   7:C-Oが若干伸びる→鼻も老化して垂れる。
   8:P-Sの距離が短くなる→唇がしおれて、薄くなる。

いずれも、我々、顔面を専門としているものにとっては、当たり前ですが、それを数学・統計的に示してくれました。また、こういう知識で、これから、どのように老化してくるかが、読み取ることが出来ると思われます。
PRS vol102 201 Numerical Modeling of Facial Agingより。


よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:◆美容整形 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/08/14(火) 01:58:44|
  2. 老化(アンチエイジング)



<<豊胸手術での合併症の発生率に関して | ホーム | タバコと先天異常児の生まれる関係>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。