スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豊胸患者の心理に関して。

先日、豊胸患者の自殺率などの論文が新聞などで取り上げられておりましたが、アメリカの医学雑誌では、ずいぶんと昔から、そういった豊胸を受ける患者さんの心理的な調査を様々報告されております。たまたま前回のものが新聞やネットに載っただけです。

今回は、ちょっと肯定的な論文を報告します。
またもや、美容外科のメッカ・アメリカのテキサス州ダラスからの報告です。列挙します。

 ●アメリカにおいて美容外科手術は、2002年に、180万件行われ、1992年からの増加率は、なんと294%のアップ。

 ●アメリカのFDAが豊胸のシリコンは体に害が無い、と結論付けてから10年以上たつが、豊胸手術は626%の増加率である。

 ●豊胸患者の自殺率が高い印象を与える論文も多々あるのだが、その因果関係はまったく不明。なので、これからの調査は、何がそのリスクなのか、患者さんのもともとの気質がどうなのか、または、統計のとり方がおかしい点があるのか、などを調査していかないといけない。対立するデータを掲げる論文も散見される。

 ●むしろ、ボディーイメージが高まり、心理的な改善・安定で、鬱を改善したり、満足するデータも散見されるのである。

などなど、いろいろな論文を引用して報告していました。
PRS vol119 401 A Review of Phychological Outcome and Suicide in Aesthetic Breast Augmentationより。

ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!現在5位です。
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:◆美容整形 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/08/26(日) 02:37:42|



<<レーザーでのしわ取り | ホーム | 二重まぶたの仕組み>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。