スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レーザーでたるみ解消(サーマクール)

1年ほど前にサーマクール(高周波でたるみを少しだけ引き上げることの出来るレーザーみたいな機械)を擁護する論文があったのですが、それを批判する論文です。すなわち、サーマクールの合併症に関して記載したものです。

結論的には、皮膚の下の浅い脂肪(皮下脂肪)が欠損し凹む(陥凹変形)、という合併症です。2004年で2例の報告論文が存在する。医学的には、脂肪壊死が生じた、ということです(脂肪細胞が死んだ、ということ)。著者も経験している。
20070902003621.gif
この画像ではわかりにくいが、おでこの眉毛の上に縦すじのように、波打った凸凹がわかる。これは、脂肪が壊死して陥凹変形してしまった状態。

こういった患者さんには、フェイスリフトや脂肪移植で修正をおこなった。サーマクールのHPサイトによれば、0.08%以下の合併症だが、一回なったら、ずっとこの症状は続く、と記載されている。著者は、この数字をみて、相当少なすぎる印象を得た、と結論ずけている。

当院もサーマクールを使おうかどうか悩んだのですが、サーマクールを売っている業者が、全員に高確率で効くわけではないですね、、と言っていたので、サーマクールは却下しました。

PRS vol119 1951 Nonsurgical Face Liftより。

ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!現在5位です。
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:◆美容整形 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/02(日) 00:41:52|
  2. 合併症



<<目じりのいい具合はどんなの? | ホーム | 手の老化に関して>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。