スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手の老化に関して

今回は、イギリスの一般病院の形成外科からの報告で、手の老化に関してです。どういった要素が手の老化を印象付けるかを調査した。

手の老化を感じさせるポイントは、
 ●しわ
 ●静脈の有無
 ●関節部位の突出・変形
 ●薄い皮膚
 ●しみ
である。逆に若く見えるのは、
 ●はりのある皮膚
 ●静脈が見えない
 ●しわが無い
である。

こういう要素をふまえて、60人にいろいろな手を見せてどれが若く見える見えない、などのアンケートをおこなった。
アンケートは、たとえば、下図。
20070903020703.jpg
上:もともとの手、中:指輪をほどこした手、下:パソコンで画像処理して静脈を消した手。他にも、画像処理せずに、マニキュアだけした手とか、老人の関節の突出を修正した手とかいろいろ見せてどれが若く見えたか、を検討。

その結果、ネイルのメイクとジュエリーは、若く見えたが、統計的に有意差が無かった。すごく老化してしわしわな手は、いろいろな処理をしても若く見えない、という結果。そして、静脈の有無により、若く見えることだけが、統計的に有意差があった。つまり静脈の有無は、わりと手の老化に影響する、という感じです。追加としては、手でおよその年齢を言い当てることが出来た、という結果も出た。
手はものを言うわけですね。

PRS vol117 2212 Hand Aging : Patient's Optionsより。

ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/03(月) 02:16:25|
  2. 老化(アンチエイジング)



<<レーザーでたるみ解消(サーマクール) | ホーム | 痛みに男女差があるのか?>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。