スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

偏頭痛

形成外科の本でも偏頭痛の論文が何本か取り上げられている。今回は、その中のひとつを紹介します。

そもそも偏頭痛がなんであるかの詳細は、神経科の先生に任せます。周期的に起こる片側の頭痛の一種です。

今回は、オーストラリアの形成外科医自身が、偏頭痛に悩まされていて、2000年に報告された方法=眉間のしわを作る筋肉(以下CSM)を切る、を自分で試したら良くなったので、60人の患者さんにも治療してみた、というまとめです。

下図がCSMの作用。眉間のしわ。
20070722002721.jpg



結論的には、28%が完治、40%が基本的に改善、31%がほとんど変わらない、頻繁に偏頭痛が生じる人は治りにくい傾向にある、でした。

手術は、上まぶたのたるみ取りの切開線からCSM筋肉を切断・摘出しに行きます。難しいポイントは、CSM筋肉を支配している神経を損傷しないように筋肉を取り除く。ここが難しいのです。

日本では、美容外科学会などでも、こういう話は、ほとんどないので、ちょっと興味深かったです。この論文は、神経科医も参加しているので、まじめに議論されていました(まじめに議論されていないと論文として成立しませんが、笑)。

偏頭痛は、手術でない方法の論文もありますので、また報告させてもらいます。

PRS vol114 652 Surgical Treatment of Migraine by Corrugator Muscle Resectionより。

テーマ:◆美容整形 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/07/22(日) 00:20:55|
  2. 偏頭痛



<<最初の二重まぶた報告 | ホーム | 消毒に関して。>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。