スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二重まぶたの修正方法

二重まぶたの切開法は、多種多様な将来的な変化をみせてきます。それは、手術をしたことによるだけでなく、人間の個人個人の目の周りの解剖・構造が異なり、多種多様な老化の道筋をたどるからです。

そういったいろいろな変化への修正方法のひとつを、韓国の一般開業医のクリニックの先生が報告しております。
  例1:二重の幅が広すぎる。20071104033318.jpg

  例2:3重になった。20071104033426.jpg

クリックしたら大きくなります。こういうのを治す方法を下記に述べます。

切開法で一度手術された状態の上まぶたは、脂肪や皮下組織が乏しい、OPで脂肪など取りすぎて凹む、などの結果、二重の幅が広くなったり、まぶたの中で癒着して中で引きつれたり、三重になったりします。
それらを治す、ひとつの方法を提案した。クリックして拡大。
20071104033634.jpg

20071104033711.jpg
凹み、三重は、じつは、病態が似ており、何かで補えばいいのですが、その材料を、他から持ってくるのではなく、自分自身のまぶたの中の瘢痕組織(傷による癒着した組織:FM)を利用しています。その組織を、上に移動させ、上の凹みを補填するのです。こういう方法で、単なる脂肪移植などよりも、よりよい修正ができるのではないか、と著者は主張しております。

なお、これは、一般的な老化による凹みへの脂肪移植ではなく、一回切開法の二重をされたかたの修正に限る話です。

今回は、わりと難しい話でした(たまには本気の話も載せないと)。
PRS vol117 782 Managementof Adhesion Using a Pretarsal Fibromuscular Flap or Graft in Secondary Blepharoplastyより。

ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/11/04(日) 03:46:58|
  2. 二重まぶた



<<より笑顔を引き立たせるボトックス治療 | ホーム | 顔の脂肪について。>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。