スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豊胸術と乳がんの関係について。

新年あけましておめでとうございます。
今年も、もっとも業績をあげる勉強熱心なクリニックを目指し、ブログも知識向上に役立てれるように、精進していきます。

ーー

さて、豊胸と乳がんの関係の論文は、内容はともかく、毎月のように報告されております。

当院は、豊胸術をおこなっておりませんが、知識向上のため、その1つを報告します。

フロリダの癌センターからの報告で、
乳がん患者が、以前に、豊胸術をおこなったか、おこなっていないかで、乳がんのステージが進行しやすいかどうか、リンパ節転移の度合いも調べたものです。

1987-2002年で、4186人の乳がん患者が対象になって調査した。
結論的には、豊胸術をしていない乳がん患者と比べて、豊胸後の乳がん患者は、腫瘍のサイズ、リンパ節の有無、ステージは、統計的に有意差(違い)は、無かった。

違いがあったのは、
豊胸した人は、乳がんとわかった年齢が49歳。豊胸していない人で、わかった人は57歳だった。
つまり、豊胸術した人の乳がん患者は、豊胸していない人より、いっそう、腫瘍を触れやすい傾向にある、ということです。

PRS vol 114 1737 Breast Cancer in Patients with Prior Augmentation : Presentation, Stage, and Lymphatic Mappingより。

これからも美容医療全般の内容をブログに書いていきますので、応援よろしくお願いします。
ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ


テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/01/08(火) 00:44:35|



<<プチ整形の鼻アクアミド注射が医学雑誌に載ります! | ホーム | 目元の老化での変化>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。