スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二の腕のたるみをとるには

二の腕の、プルプルしたたるみ取りは、欧米ではよくおこなわれております。論文も多数出ております。今回は、小さい傷で、なんとかがんばる方法を考えた、という報告を紹介します。

NYの個人開業医からの報告で、T-シャツや、半そでのブラウスに隠れるようになんとか、傷を小さくした、とのこと。

実際の症例2つ。術前、術後。クリックして拡大します。
二の腕1
二の腕2

ひじを小さく切って、脂肪吸引もしている、とのこと。
デザインは、下図のごとく脇の部分だけで済ますもの。
二の腕3

8人の患者でおこなった。と報告しております。

ーー

が、これには、批判反論の論文があります。
ブラジルの先生からの反論です(ブラジルは実は、体の美容外科の大国なのです)。

 ①8人しかしていない。症例数が少なすぎる。
 ②写真の二の腕は、まだたるみが残っている。
 ③切開デザインを小さくしたいのはわかるが、結局効果がとぼしいのは自明の理。
 ④既存のデザイン方法のほうが、効果がある。切開の傷は長くなるが、腕をバンザイしないかぎりわからないので、そこまできにするより、効果を出すべきだ。
 ⑤上記報告の方法だと効果が長続きしない。また手術しないといけない(またたるむ)。

以上の内容で批判されておりました。
このブラジルの先生の症例写真。傷はだんだん薄くなっていくし、肥満による皮膚のすじのようになるのだから、気にせず、効果をだすべきだ、と。
左上:術前。右上:8ヵ月後。左下:2年後。右下:7年後。→たるみは戻っていない。
二の腕4



この系統の論文は多数あるので、また報告していきます。
PRS vol114 1631 Minibrachioplasty : Minimizing Scars While Maximizing Resultsと、そのDISCUSSIONより。

ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/01/17(木) 00:05:54|
  2. 老化(アンチエイジング)



<<目元の老化での変化 | ホーム | 豊胸手術しなくても胸は大きくなる!>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。