スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美容外科医・形成外科医の神経(配慮)の使い方。

ちょっとした面白い話です。医者は、どの手術のときに緊張しているか、を測定した話です。

トルコの首都アンカラの大学からの調査報告です。

脂肪吸引手術をおこなっている医者に、心拍数などのわかる機械を取り付け、手術前後など、5日間測定し続けた。
その結果、交感神経、副交感神経などの自律神経は変化無く、手術中は、心拍数が17%アップした。

鼻の形成手術をおこなっている医者におなじことを測定すると、手術中は心拍数は13%アップし、交感神経(興奮状態をあらわす)も高ぶっていた。

ゆえに、脂肪吸引は、単なる肉体労働であり、鼻形成は、結果が目に見え、手技の難しさがわかる。

医者の間でも、脂肪吸引は細かい神経のいるたぐいではなく、肉体労働だ、となっております。逆に悪くいえば、誰でも出来る手術です。顔面を細かくいじる手術のほうがより神経を集中させ、技術も格段に必要です。

PRS Vol117 2091 Performance of the Surgeon during Suction-Assisted Lipectomyより。
ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/02/24(日) 23:59:43|
  2. その他



<<内視鏡のおでこリフトは無意味なのか!? | ホーム | 二の腕のたるみ取り>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。