スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボトックス注射の応用(偏頭痛の治療)

以前にも書きましたが、しわ取りやわきの多汗症などで使われるボトックス注射で、偏頭痛が改善する、という報告です。

形成外科美容外科のなかで有名なDr.Bahman Guyuronの報告です。

偏頭痛と診断された人の125人で調査した。100人をボトックス注射して、25人を比較とした。
偏頭痛の原因部位とされる部分にボトックスを注射した結果、
 ●89人が4週間にわたって改善した。
 ●57%の人で、平均フォロー日数の396日よりも効果が続いた。
 ●比較コントロール群では、15%偏頭痛は改善する人もいたが、消失した人はいなかった。
 ●いままで1ヶ月に4.4日偏頭痛で仕事を休んでいたのが、1.2日に改善した。

ようするに、うまくボトックスを使えば、偏頭痛がかなり改善する、ということです。どこにボトックスを打てばいいかは、1ヶ月おきにボトックスを打って部位を決めた。
偏頭痛
このグラフからも明らかに、すべてが低下していて、効果があるのがわかりますね。

メカニズムを簡単にいいますと、たとえば、コメカミの偏頭痛は、側頭筋(コメカミの筋肉)がその付近の神経を圧迫していると考えられるので、筋肉を弱めるためにボトックスを打つ、という仕組みです。

以上、今回は、しわ取り、わきの多汗症、小顔整形などのプチ整形でよく利用するボトックス注射の応用でした。ちょっと難しい内容です。

PRS Vol115 Comprehensive Surgical Treatment of Migraine Headachesより。

ブログのランキングに参加しています!よろしければ、クリックしてください!
にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/05/06(火) 05:00:46|
  2. 偏頭痛



<<金の糸でコラーゲンを作る。 | ホーム | 危険!?豊胸のための脂肪注入>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。