スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイプチと二重まぶた

例年、春の時期になると、
「就職前に整形しておこう」とか
「中学から高校へ、又、高校から大学・専門学校へ行く前に整形しておこう」という
女性・男性問わず、多くの患者さまが、お母さんやお父さんと一緒に来院されます。

そういった学生の方々の多くが、
目を大きくしたい、プチ整形で二重まぶたにしたい、というご希望で来られます。
女性は多くの場合、アイプチで二重を作っている人が多く、
のりタイプのものや、テープタイプのものなど見うけられます。
そして、多くの場合、まぶたが赤くかぶれたり、腫れたり、
まぶたの皮膚がぶ厚く変化して炎症を起こしていて、
ご両親は、それを心配して、そんな思いをしてまで二重まぶたを作りたいなら、
プチ整形しなさい、という御気持ちで来院されます。

アイプチののりや、テープののりでかぶれてしまう方が多いのです。
又、娘が毎朝アイプチをして、二重まぶたを作るのに時間がかかるので、
時間がもったいなく、娘が可哀相とおっしゃるお母さんもおられます。
メスで切らずにできるプチ整形が、とても簡単に受けることができ、
アイプチをしなくてすむのは、とても良いことですよね。
まぶたが重く厚い方でも、メスで切開せずにプチ整形で脂肪を取って、
すっきりしたまぶたで二重を作ることもできますので、
まずは一度、ご相談下さい。

テーマ:美容整形・プチ整形・美容外科 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2009/04/21(火) 11:34:17|
  2. 二重まぶた



<<小鼻縮小・プチ小鼻、鼻先形成 | ホーム | 多汗症・ワキガと脱毛>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。